▲●● TANA Gallery Bookshelf


About | Exhibitions | Projects | Access



ABOUT

Founded in 2010, TANA Gallery Bookshelf is an alternative space situated in a bookshelf at Bigakko in Kanda, Tokyo — an old private art school acclaimed for its dialogue- and workshop-based liberal arts education by leading artists and practitioners in various fields since its inauguration in 1969. With a modest 85x30x15 centimeter space on the upper-left corner of the bookshelf in a narrow corridor, we collaborate with a range of artists to present site-specific exhibitions while organizing projects in other, usually unusual, places as well.

MISSION

We offer a different space for different relations.

Initially conceived as a micro-architectural answer to French philosopher Henri Lefebvre's idea "new social relationships call for a new space, and vice-versa,"*1 the gallery in a bookshelf offers a set of unusual but intimate spatial conditions for artists and visitors to variously improvise social fabric through exhibitions. Performing as a node of both static and ephemeral vernacularities already there and newly introduced human and non-human relations, each exhibition temporarily appropriates the space into a unique place through what the French urbanist thinker called the "production of space" as inexhaustible dynamics of changes and differences.

Although often described "small" (or even praised "smallest in Tokyo" counterfactually), we never try to just compete over smallness or promote the catchy idea as easily associated with Tokyo-ness for touristic eyes. Nor do we make a reactive political gesture against all big institutions. Rather, our modest space is simply designed to be "just enough" to achieve a certain spatial quality. While every space has its own subtle particularities, these given conditions become more difficult to notice and manipulate as the place grows bigger. The bookshelf size is adopted to help convey such spatial subtlities explicitly, allowing us to handle every detail to its smallest corner and embed our imagination into space through bodily experience. We hope the spatialised imagination will inspire artists to revisit their creativity, which is in turn translated into a new but consistent form in the environment.

Our mission is to maintain an actual place, rather than a discursive gesture, that endows artworks with certain autonomy against confusing marketism and journalism as well as often futile struggles against these. With full respect to the critically negotiated agency of art and the socio-political potentials of aesthetics as such, we sincerely encourage artists to stay confident with individual creativity, find its place in reality, and share its fruits in society.


*1 "'Change life!' 'Change society!' These precepts mean nothing without the production of an appropriate space. A lesson to be learbed from the Soviet constructivists of 1920-30, and their failure, is that new social relationships call for a new space, and vice versa."
Lefebvre, Henri. The Production of Space, translated by Donald Nicholson-Smith, BLACKWELL, 1991, pp.59.


NOTE

- The gallery is not always attended by staffs.
- The gallery is open during the school's opening hours.
- If you want attendance of the exhibiting artist or our gallery staff, please join events or contact us in advance.
- We do not represent artists. If necessary, please find their contact information from each exhibition detail.

STAFF

Maas/Masamichi TAMURA (Curator / Director)
Masaru KAIDO (Photographer)

-

ギャラリーについて

TANA gallery bookshelfは、古書の街として知られる東京都神田にある「美学校」の本棚の一段を用いたオルタナティブスペースとして2010年に設立されました。1969年に設立された「美学校」は、 先進的なアーティストや様々な分野の実践者による対話的・実践的なリベラルアーツ教育によって高い評価を受けている私設の教育機関です。狭い廊下の片側一面を覆う本棚の左端最上段の幅85/高さ30/奥 行15センチのささやかな空間を拠点として、私たちはさまざまなアーティストとともに展示を行っています。また、ギャラリーの他でもプロジェクト活動として展示の企画を行っています。

ご注意

- ギャラリーにスタッフは常駐しません。ご理解ください。
- ギャラリーの開廊日程は不定期です。各展示の情報をご確認ください。
- 展示作家やスタッフによる対応をお求めの際は、イベント等にご来場いただくか、事前にご相談をお願いします。
- 展示作家とギャラリーに所属関係はありません。展示作家との連絡は、各展示の情報にあるウェブサイト等をご利用ください。

趣旨

「新しい社会関係には新しい空間がなくてはならず、その逆もまた然りである。」*1

私たちはフランスの都市哲学者アンリ・ルフェーブルのこの言葉へのマイクロ・アーキテクチャルな応答としてこのギャラリーを設立しました。展示という契機を通じて、アーティストは所与の空間と自身の創造性のあいだに即興的に場をつくり、そこに様々なつながりを編み出します。 ひとつひとつの展示は結び目として、そこにすでにあるものごとと、そこに新たに引きよせられたものごとをつなぎとめます。私たちはそこにルフェーブルが「空間の生産」と呼んだものに含まれる変化と差異の可能性を見出しています。

しばしば「小さい」(あるいは好意的な誤認で「東京で最も小さい」)と評されるこのギャラリーですが、それはいたずらに小ささを競うためでも、大きな組織に反発するためでもありません。 私たちは空間に一定の性格を与える「ちょうどいい大きさ」として本棚を用いています。あらゆる空間にはその場所ならではの条件がありますが、空間が大きくなるにつれ、それは気づきにくく、扱いにくくもなります。 本棚一段という大きさは、空間の条件をはっきりと伝え、その隅々にまで細やかに手が及ぶものとして、想像力を身体的に空間化することを助けます。この空間化された想像力を通じてアーティストが自らの創造性を再び探索し、 別様ながら一貫したものとして、それを新たにかたちにすることのできる環境を私たちは目指しています。

私たちはアートが市場や世相に惑わされることも、それらへの空転しがちな抵抗に捕らわれることもなく、作品として一定の自律性を保つことを尊重します。 そして、言説ではなく、場所をひとつ実際につくることでその実現を目指しています。 社会との一様ではない関係を交渉しうるアートの主体性と、この意味での美学の社会に対する潜在的な力に大きな敬意を持って、 私たちはひとりひとりのアーティストの思考と着想を広げうる空間を作り、そのための場所をこの世界に保ち、その成果をこの社会と分かち合うために活動しています。



*1 "new social relationships call for a new space, and vice versa"より訳出
Lefebvre, Henri. The Production of Space, translated by Donald Nicholson-Smith, BLACKWELL, 1991, pp.59.


スタッフ

タムラマサミチ (キュレーター/ディレクター)
皆藤将 (撮影)


TANA Gallery Bookshelf
Tokyo | Kanda
Chiyoda, Kanda Jinbocho, 2 Chome-20, Daini Fuji Building 3F